« 街なかの秋 | トップページ | シャンソン »

2005年10月27日 (木)

古塔

04116

 天台宗大法寺国宝三重塔、建立は鎌倉末期であるという。 悠久の時のながれ、相輪の向こうは東山道、東信濃の山々。

 山間に稲藁を焼く煙があがっている。

 (平成16年11月 長野県青木村大法寺)

|

« 街なかの秋 | トップページ | シャンソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 街なかの秋 | トップページ | シャンソン »