2017年12月14日 (木)

霧氷の森で

171214s_dscf0441

【霧氷の森で】                   画像クリック(拡大表示)

 「冬の夜、放牧馬が見たのは森をおおう満天の星 ―― 霧氷のなかに一夜は明ける 」  この厳寒の中で大丈夫かと思うも、ウエブで検索すると、馬が屋外で快適に過ごせる温度限度は、十分な飼料を与えれば氷点下10℃であるという。

 (14 December 2017  長野県小諸市南ケ原)

| | コメント (0)

2017年12月13日 (水)

氷結

171210s_dscf0376

【氷結】                        画像クリック(拡大表示)

 水量をおとした水無川の渓流、完全氷結も間もなくです。

 (10 December 2017  長野県南佐久郡佐久穂町 八千穂高原 水無川)

| | コメント (0)

2017年12月12日 (火)

牙山(ぎっぱやま)

171212s_img_6102

【牙山(ぎっぱやま)】               画像クリック(拡大表示)

 ―― 浅間山は大きな爆発の為に崩されたような山で、今いう牙歯山(牙山)が往時の噴火口の跡であったろうとは、誰しもが思うことだ。
                                          (島崎藤村 『千曲川のスケッチ』 より)

  夕映えの浅間山、そして牙山の岩頭―― 古浅間山とも呼ばれる黒斑火山が水蒸気爆発によって山体大崩壊を起こしたのは、今から2万年前といわれています。

 (12 December 2017  長野県小諸市  小諸高原美術館にて)

●こちらの記事もどうぞ 「浅間山を望む高台で」
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2010/02/post-9c87.html

| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

浅間山残照

171209s_img_6057

【浅間山残照】                      画像クリック(拡大)

(9 December 2017  長野県小諸市 自宅にて)

| | コメント (0)

2017年12月10日 (日)

凍湖

171210s_img_6067_2

【凍湖】                           画像クリック(拡大)

 凍りつく高原の湖。  そこには誰もいなくて、雪の上に点々と動物の足あとが交叉していたのでした。

  (10 December 2017  長野県南佐久郡佐久穂町 八千穂高原)

| | コメント (0)

2017年12月 9日 (土)

緑のトラクター

171206s_img_6001

【緑のトラクター・JOHN DEERE】           画像クリック(拡大)
 大きな車体も、広い大地ではまるで玩具のようです。 力強いエンジン音、ジョン・ディアは今日も快調です。

171206s_img_6054_5

(6 December 2017  長野県佐久市 長野牧場牧草地)

●こちらの記事もどうぞ 「JOHN DEEREのトラクター」
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2013/12/post-026a.html

| | コメント (0)

2017年12月 8日 (金)

散歩道

171206s_img_6021_2

【散歩道】                            画像クリック(拡大)

 ガウガウ、ワンワン、キャンキャン いろんな犬たちが次々にやってきます。 ぽっかり浮雲蒼い空、牧場の牧草地に続く散歩道です。

 (6 December 2017  長野県佐久市 長野牧場)

●こちらの記事もどうぞ 「ウオーキング」
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2006/02/post_63cf.html

| | コメント (0)

2017年12月 7日 (木)

冬晴れ

171206s_img_6033

【冬晴れ】                          画像クリック(拡大)

 冬晴れの午後、浅間山を望む牧場では、ジョン・ディア トラクターが牧草の播種作業をしておりました。  来期もまた深々と青草が広がることでしょう。 

 (6 December 2017  長野県佐久市 長野牧場)

| | コメント (0)

2017年12月 6日 (水)

カラマツ(Larix kaempferi)

171206s_img_5981

【カラマツ (Larix kaempferi)              画像クリック(拡大)

  佐久地方の高原景観を形づくっているカラマツは、明治12年(1879)から北佐久地方で始まったカラマツ造林によるという。 北原白秋が、浅間山麓の沓掛(中軽井沢)で 「カラマツ」 の詩をうたったのは大正12年(1923)というから、その頃には樹高20mを超える美しいカラマツ樹林が広がっていたと想われる。 からまつにからまつのかぜ――  高原の抒情をしみじみと感じさせる樹木である。

 (6 December 2017  長野県佐久市 長野牧場のカラマツ並木)

●こちらの記事もどうぞ 「高原晩夏・丸ポストのある風景」
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2006/08/post_9800.html

| | コメント (0)

2017年12月 5日 (火)

残照の空

171203s_img_5967

【残照の空】                        画像クリック(拡大)

 金色から青銀鼠へ
 ポスタリゼーション
   ―― 残照の空

 (フォトスケッチ : 3 December 2017  長野県東御市御牧原)

●こちらの記事もどうぞ 「絹雲(Cirrus)」
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2015/09/post-f6fb.html

| | コメント (0)

«蒼山庵ブログ展(作品)